がんは自分事です

お片づけから暮らしと家計をプラスに導くお手伝い

 

旭川の整理収納アドバイザー いのしたけいこです。

 

保険の仕事をしているので、がんになった方とお話しする機会があります。

 

保険金の手続をするとき、みなさんおっしゃるのは、

 

「まさか自分ががんになるとは思わなかった。」

 

若かったり、がん家系じゃなかったり、ということです。

 

いまは、偏った食事、食品添加物、化学物質、ストレス、

 

昔とは違った要因がたーくさんありますから、

 

がんに罹患する人も増えているのだと思います。

 

 

 

「がん保険に入りたい」と相談に来るのは、

 

がん家系の方や、身内をがんで亡くした方がほとんどです。

 

たいていの方は、ほとんど意識していないし、

 

がん検診にもいかない人も多いですね。

 

 

 

がん保険は、がんと診断されたり、がんで治療を受けると

 

まとまった一時金がもらえる保険です。

 

今は、わざわざ医療保険とがん保険、両方に入らなくても、

 

医療保険にがんの保障を特約でプラスすることができるので、

 

医療保険ひとつで医療とがんに備えることができます。

 

 

その方が、保険料も抑えられます。

 

どのくらいの保障をかければいいのか?

 

それは、入院のためにどのくらい貯蓄があるかにもよりますから、

 

いちがいには言えません。

 

 

ただ、がんになると、治療が続く限り出費も続くということです。

 

札幌の北大病院では、先進医療の陽子線治療が受けられます。

 

こちらは自費で300万円ほどかかります。

 

もし、陽子線治療が有効だとしたら、やはり受けたいと思うでしょう。

 

 

わたしの周りでも、いまがんの治療をしている人がいます。

 

がん検診を受けることから、ぜひはじめてほしいです。

 

 

(がんと診断されるとがん保険には入れません)

 

 

何より、健康が一番です!

 

保険の心配ごとも、ご相談くださいね。