保険よりも大事なこと

■2017年9月19日(火)

 

今日は保険のお役たち情報とは少し違うお話を。

保険とは、様々なリスクから身を守る手段のひとつですが、「病気にならないように日頃心がける」

これが一番大事だということを、つい忘れがちです。

健康診断の前の日や、検診結果で要観察となったりしない限り、いつも通り好きなモノを食べ、運動もせず…

わたしも少し反省してます、

特に夏は暑くてビールが進んでしまい、胃腸に負担をかけっぱなしでした。バーベキューもたくさんやりましたし…

恥ずかしながら、2月に入院したときに、食事に気をつけることと、運動することを固く決意したはずでした。

が、できない日が続くとつい適当になってしまって、先日また体調を崩してしまいました。

「入院しますか?」と聞かれましたが、何とか大丈夫そうだったので入院はしませんでした。(小腸炎でした)

そこで、日ごろわたしが心がけていること、こうしたいなと思っていることをピックアップしてみます。

 

ホケンコラム 保険の整理 保険相談 整理収納アドバイザー
健康維持に運動は欠かせない

まずは日頃から心がけていること。

 

・調味料は良いものを使う

・発酵食品(麹)を取り入れる

・食材は「まごわやさしい」バランスで

・足揉みでセルフケア

・薬に頼らずアロマを活用

・洗剤は自然派の物を使う

・市販の柔軟剤は使わない

・ラジオ体操をする

・睡眠をきちんととる

 

まずは調味料。今はほとんどの食べ物に食品添加物が入っています。これは100%取り除くのは無理です。

そんな中、基本調味料だけは良いものを使うようにしています。醤油、味噌、きび砂糖、塩、酒、みりん、マヨネーズ、ケチャップ、ソースあたりは意識して高いものを使っています。ドレッシングやポン酢はほぼ買わず手作りです。(買い物は主に生協)

 

発酵食品は、甘酒、醤油麹・塩麹を手作りしています。札幌の“ゆゆた工房さん”の発酵講座で学びました。

発酵食品にはすごい力があります、免疫力があがります!

 

食材の「まごわやさしい」は、

ま=豆(納豆や豆腐)、ご=ごま、わ=わかめ、海藻類、や=野菜、さ=魚、し=しいたけきのこ、い=いも、根菜類 となります。

このバランスが昔ながらの良い食事に繋がります。

 

足もみは自宅で自分でしています。若石リフレクソロジー佐藤まさ子さんからやり方を学びました。

(簡単なレッスンです、誰でもできます)

足は第二の心臓と言います、慣れてくると足から不調がわかるようになりますし、風邪もひきにくくなりました。

 

アロマを取り入れています。特別な知識はありませんが、ティーツリー、ユーカリプタス、レモン、オレンジ、ペパーミント、

ラベンダー、レモングラスなどを常備して、ディフューザー、入浴時、トイレ用スプレー、手作りクレンザーに入れています。

 

洗剤は、手荒れがしやすいのもありますが、食器用にヤシの実洗剤と固形石鹸、洗濯は液体石鹸、部分汚れにセスキ炭酸ソーダ、

拭き掃除にアルカリ電解水、しつこい汚れは重曹+液体石鹸+クエン酸+アロマで魔法のクレンザーを作ります。

 

市販の柔軟剤は頭が痛くなるし、鼻水が止まらなくなるので使いません。トイレスプレー、消臭スプレーも×

 

ラジオ体操は寝坊しなければやります(笑)。

 

睡眠を最低6時間できれば8時間とるように心掛けています。入院前は3~4時間くらいでした。

 

と、ここまでが実践していることです。

それと、こうしたいなと思っていること。

 

・ヨガなどのゆったりした運動

・ウォーキング

・時々は薬膳料理を頂く

 

旭川でヨガを習いたいのだけど、どこか良い教室を知っていたら教えてください。

ウォーキングは出来る時間にやってみます。

薬膳料理の“薬膳&ギャラリーHonzou“おすすめです!薬膳の勉強会もあるので誰か一緒にいきましょう。

 

 

体調管理は自己管理。

「好きなモノを好きなだけ食べる」 と、「好きなこと・やりたいことを目一杯やる」 のどちらをとるか?

わたしは後者です。健康だからこそできるから。

 

でも、やっぱり病気は心配♡と思う方は保険の相談にきてくださいね。