がんの花嫁ー笑顔と涙の結婚式

10月1日、秋晴れの清々しい空のもと、

 

ある夫婦の結婚式が行われました。

 

6年前に入籍を済ませ、2人の愛娘に恵まれ、

 

幸せな生活を送ってる旦那の姪っ子です。

 

「結婚式が当たったので式を挙げる。」とのことで、

 

 わたしたちも出席することにしました。

 

それから少しして、

 

思いもよらない事を彼女の母親から聞いたんです。

 

「実は彼女は悪性リンパ腫で治療をしている。」と。

 

すごく驚きました、信じられませんでした。

 

だって、こどもはまだ4歳と1歳です、それなのに。。。

 

不安ばかりがよぎってしまう。

 

 

 

幸い、ゆっくりと進行するタイプらしく、

 

入院せず通院で治療が出来ると聞き、数値も良いという

 

情報があったので、少し不安がやわらぎ、

 

まずは何としてでもお祝いに駆け付けよう!と

 

旦那は会社を休み、娘も学校を休み式に参加しました。

 

ドキドキしながら花嫁を見つけて、ビックリ!

 

顔色が良く、ふっくらとしていて、そして何より満面の笑顔!

 

本当にがんなの?と疑うほどでした。

 

そのわけを結婚式の中で知ることになります。

 

 

それは新婦から新郎への手紙、そして新婦から両親への手紙でした。

 

彼女は本当の気持ちを打ち明けました。

 

愛する新郎へは

 

「病気になってごめんね、でもわたしは先に死んだりしない。

これからも一緒に年を取っていこう」と。

病気のことを聞いた新郎は、治すためなら東京でも外国でもどこへでも

連れて行く、絶対に治る!と言ってくれたそうです。

 

両親への手紙には

 

「娘が末期がんになってしまってごめんなさい、本当にごめんなさい。

でも、お父さんが、絶対におまえは病気では死なない!治してやるから!

と言ってくれたから、絶対に治す!」と。

 

そして彼女のお母さんへの言葉、実は生みの母ではなく育ての母です。

「生んでくれたお母さんも、育ててくれたお母さんも、

わたしにとっては二人とも実のお母さんです。」

 

この言葉は、彼女のお母さんには特別な意味があったと思います。

わたしも子持ちの旦那と結婚した育ての母です。

いつも、彼女のお母さん=わたしにとってのお姉さんに、

励まされ、悩みを聞いてもらったり、お姉さんの辛い話もたくさん聞きました。

だから、自分のことのように胸がジーンと熱くなりました。

 

わたしたちはみんな涙がとまりませんでした。

 

彼女は本当に、家族と両方の親たちに愛され励まされ、

 

彼女もまた心の底から感謝して、奇跡を起こしています。

 

何が何でも治すと決意したその表情は、

 

清々しささえ感じました。

 

わたしも、「ああ、彼女は絶対に良くなる。」と感じています。

 

どうかこのお話を他人事とは思わないでほしいです。

 

そして、どんな苦しい時でも前を向いてほしいと思います。

 

彼女のように、愛と感謝の心を忘れずに。