· 

がんを知ろうー④がんの治療

■第10回2017年10月31日(火)

 

がんのことよくわからない人のための「がんを知ろう」シリーズです。

がんを知ろう①どうしてがんになる?

 がんを知ろう②がんの種類

 がんを知ろう③がん保険を虫メガネで見る

 

今回は“がんの治療”についてです。

 

ホケンコラム 保険の整理 保険相談 整理収納アドバイザー
がんの治療は多様化しています

実は、わたしの叔父が今朝がんで亡くなりました。肺がんでした。

6月から治療をはじめて、こんなに早く逝ってしまうとは思わなかったです。

抗がん剤治療をしてたのですが、叔母の話では「あう薬がない」とのことでした。

抗がん剤は、投与してみて効果があるかどうかをまず確かめて、効果が無ければ別の薬を試しての繰り返しです。

時間ばかりが過ぎていきました。

叔父は、とても周囲へ気配りをする人で、自分のことよりも他人のことをいつも優先していました。

優しい人なのです。わたしが保険の手続をしにいっても、約束したけどいないことも多々。

自分のことは後回しで、やっと医療保険に入ってくれたものの、がん保険は入りませんでした。

がん家系ではないので気にしてなかったのもありますが。

 

治療が進化している、とはいえ、自分に合った選択をできるのか?

信頼できるドクターに診てもらえるのか?

がんは常に選択と決断を迫られます。それも早いスピードでです。

がん保険はそういう意味では、情報をより多く得られたり、

セカンドオピニオンの機会を得られるので非常に心強い存在です。

がんの治療は、いわゆる「三大治療」が主流です。

三大治療とは、

・手術

・抗がん剤

・放射線

のことをいいます。しかし最近では、その他の治療も研究、開発されています。

・免疫療法

・温熱療法などです。放射線や抗がん剤にくらべて副作用が少ないと言われていますが、

まだまだ研究が続けられるようです。

>参考 国立がん研究センターがん情報サービス

 

さて、三大治療の説明です。

・手術:がんの部位を切除する、腹腔鏡や内視鏡での手術が多い。

・抗がん剤:点滴や注射、内服で投与する、がん細胞の増殖を抑える、転移や再発を防ぐ。全身療法。

      副作用を伴う事が多い。使用→休止の周期を1クールとする。

・放射線:がんのあるところへ高エネルギーの放射線を照射してがんをなくす。局所療法。

複数の治療法を組み合わせる「集学的治療」が行われるようになってきています。

 

 

がんの治療では、先進医療と言われる高度な医療技術を用いた治療法がありますが、全額自己負担です。

放射線の先進医療→重粒子治療や陽子線治療、一般的な放射線治療が放射線を面で当てるとしたら、

         先進医療は点であてるというイメージ。周辺の組織へのダメージが少なく副作用も少ない。

北海道には北大病院と禎心会病院に先進医療の施設があります。陽子線治療は300万円ほどかかります。

誰でも先進医療を受けられるのではなく、有効と判断された場合に受けられるようです。

 

もうひとつ知っておきたいのが、“自由診療”ー高い治療効果が期待できますが、

これも保険の対象にはならず自己負担で、未承認の抗がん剤や免疫療法などがあります。

同じ診療科で保険適用の治療との混合は認められていません。全部が自由診療となってしまいます。

 

治療については、情報がありすぎて選択が難しいです。

ひとりの医師だけの話を聞くのではなく、やはりセカンドオピニオンを受けるべきだと感じています。

ただ、実際のお話を聞くと、「言いにくい。」とか、「ほかに行く必要がないと言われた。」という

話がありました。決めるのは患者本人なのに。

がん保険についているセカンドオピニオンサービスは、第三者を介するので、

そういった不安を軽減できるのではと思いますよ。