· 

がんの花嫁に起こった奇跡

2月1日の朝、一本の電話がなりました。

 

ちょうど病院にいて電話に出られずにいたら、

 

メッセージが届きました。

 

「佳子ちゃん、奇跡です!」と。

 

慌ててメールを開いてみると、こんなメッセージが!

 

「娘のがん細胞がほどんど消えたの!

(略)

ステージ4から始めた治療でしたが、

今はステージ1!

またみんなで階段をひとつ上がることができました。

ありがとう!」

 

 

そうです、以前にブログに綴った「がんの花嫁―笑顔と涙の結婚式」

 

花嫁のお母さんからのメッセージ。

 

すごく驚きました、すごく嬉しかった!!!!

 

でも信じてました、がんに負けるはずないって!

 

 

彼女のがん細胞が小さくなったのは、抗がん剤が効いたのはもちろんです、

 

そして、「家族のために治りたい」という彼女の強い意志と、

 

「彼女を治したい、守りたい」という家族の強い愛情がひとつになった事。

 

このことも、何らかの影響を与えたのだと思っています。

 

諦めない心というのは、時に信じられない力を発揮するのでしょう。

 

大丈夫、信じよう!