· 

NHKあさイチで特集 がんになった時のお金

お片づけから暮らしと家計をプラスに導くお手伝い

 

旭川の整理収納アドバイザーいのしたけいこです。

 

先日、NHKのあさイチでがん保険のことが取り上げられていましたね。

 

 

あるがん患者さんの体験では、

 

手術、治療前の検査ですでに26万円かかったとの事。

 

がん保険からの給付金は60万円、

 

 

副作用によって髪が抜け、カツラを作るのに18万円、

 

食事代、交通費、仕事を休まざるを得なくなり

 

収入が減り、

 

あっという間に保険給付金60万円は

 

治療開始前になくなってしまったそうです。

 

この治療給付金いわゆる診断一時金ですが、

 

古い保険ですと1回限りとなっています。

 

最近のがん保険は、複数回支払というシステムになっていて、

 

2年に一度など、(各社条件は違いますが)

 

入院をしていたら、

 

あるいは治療を継続していたら給付金が受け取れます。

 

複数回支払は、保険会社によって条件が異なりますので、

 

しっかり確認する必要があります。

 

ココけっこう大事です!!

 

今はがんは早期発見で治る時代と言われていますよね、

 

長期でも戦えるような準備をしておきたいものです。

 

貯蓄からはどのくらい捻出可能か、

 

保険からいくら給付金がおりるのか、

 

いま一度、確認してみてくださいね。

 

プラスケイでは保険の整理・相談も行っていますので、

 

気になる方はお問い合わせくださいね。